こっくん道場

南の島から東大に来た僕が日々思うアレコレ

「セトウツミ」満員電車で爆笑してしまった話

いつものようにYouTubeでお笑いの動画を見ていた時にたまたま流れてきたのがこの「セトウツミ」の動画。

「ただセレンディピティを使いたいだけやろ」と内海に突っ込まれてしまいそうだけれども、2017年のベストセレンディピティ体験といっても過言じゃないです。2分だけの短い動画なのでぜひよかったら見てみてください。

www.youtube.com

上の動画を見てくれた方は何となく雰囲気をつかんでいただけたかと思いますが、「セトウツミ」は元サッカー部のエースで、ある事情でやめた能天気な瀬戸と優等生で帰宅部の内海っていう対照的な2人が放課後の河川敷でひたすら二人で話す、という斬新な設定の物語です。

そして、この2人の単なる掛け合いから生み出される独特の空気感や2人からにじみ出るワードセンスに一瞬のうちに虜になってしまって関連動画を漁りに漁って、どんどん沼に入ってしまいました。そのうちに、どうやら原作は漫画ということを知ってしまい気付いた時には近所の本屋で店主のおっちゃんにセトウツミが全巻残っているかを聞いていました。

 そして……。大人買いしてしまいました。

f:id:cockndojo:20180213190859j:plain

 買ってしまったはいいものの、当時ちょっとバタバタしていてなかなかゆっくり読むひまがなかったので電車の移動中に読もうと思い丸ノ内線の車両で読んでいたらあまりに面白すぎてにやけが止まらず、完全に危ない人と思われそうだったのでマスクを装着してまた読み始めました。が、我慢できなくて混みあった電車の中で割と思い切り吹き出してしまい注目を集めてしまいました。とっさの咳でごまかしましたがあまりに恥ずかしかったので一生公の場では読まないようにしたいと思います(皆さんも電車で読むのはおすすめしません笑)。

僕にとってはそれくらい面白い漫画でした。内容はあえて言いません。僕が新鮮な気持ちで読み進めていったあの時の感覚を皆さんにも味わってもらいたいからです。ただこれだけは言っておきますと、セトウツミはただ面白いだけの漫画ではありません。八巻という決して長くはない物語ですが、非常に考えさせられる場面が後半に向かうにつれてどんどん展開されていきます。

たまたま、自分のSNS上のプロフィールで「セトウツミのワードセンスたまらんわ」という文言を入れていたら2人の友人から共感の意を伝えられると同時に、此本さん(作者)はこのシーンで何を伝えたかったんだろうなっていうような話でだいぶ盛り上がれたくらい、深みもある漫画だったかと思います。

ぜひ、このような感じでセトウツミを読まれた方と意見交換したいので気軽にコメントしてくださるとうれしいです。

 普段、あまり漫画を読まない僕なのにこれが読書記のトップに来るとは……。ではまた!

セトウツミは8巻で完結するため、3000円ちょいで買えてしまうのでぜひ!

もし読んだらコメント欄に感想をいただけると嬉しいです!

では、今度こそ失礼します。